Archive for 5月, 2017

オムニチャネルマーケティング

木曜日, 5月 25th, 2017

“mrt”


様々な購入チャネルを活用して、いつでもどこでも、自分が希望する製品を合理的な方法で購入したい顧客の必要性(Needs)と欲求(Wants)が増えている。これらの顧客の購買行動の変化に応じて、既存の企業の流通チャネル戦略が「オムニチャネル(Omni Channel)」戦略に変わっている。


企業のデジタルチャンネルも製品プロモーションの中心では、顧客が生活に必要な様々な情報を提供するオンドゥメディアに乗る改行されている。


カタログや店頭、インターネットを有機的に接続して、製品の体験と顧客の購入を誘導している。顧客がカタログを見た後店を訪問すると、従業員は相談と体験を提供し、店をカタログで見た構成と同様にテーマスペース星ショールームを構成して商品を直接体験することができた。


オムニチャネルマーケティング戦略を展開することには、オンライン・オフラインの様々なチャネルを介し、非定型化されたパターンで起こる、顧客の購買プロセスに合わせて「顧客か – >商品ナビゲーション/比較 – >顧客体験 – >購入/決済 – >配送 – >事後管理」などが統合され、接続されるべきである。


オンオフラインで様々な商品情報や体験を得ることができる機会を提供しなければならない。オンラインストアの場合店を訪問していなくても商品を事前に体験することができるインタラクティブ(Interactive)した顧客の経験技術をベースに見て、触れて、感じることができるの経験を伝えなければならない。オフライン売り場また、顧客の没入体験を強化することができる技術を活用して店のナビゲーション、購入利便性、製品体験などの購入経験を強化させてこそである。


オンオフライン購入情報連動、様々な決済を支援購入と支払いが簡単に行われるようにしなければならない。購入時に購入情報と履歴を共有してきた、オフラインで同じ価格と利益で注文できるシステムを備えてなければならない。


ダーウィンは「最終的には生き残った種は、強靭な種ではなく、知的能力に優れた種ではない。終局に生き残るのは変化に最も適応する種である。」との変化と適応を強調した。企業の立場からオムニチャネルをどのように活用するかによって変化と適応という観点から、企業の戦略的な変曲点を見つけていくことができる機会になるだろう。

デジタルチャネルの分析

Paid Marketing原則

木曜日, 5月 18th, 2017

“mrt02”


Paid marketingは上手に使えば、約、釘使えば毒である。瞬く間にユーザーを集め集めることができますが、同時に膨大な広告費用が支出される可能性があるからである。次に、paid marketingをどのようにアクセスすべきか?次の質問に答えをどのようにしなければなら正しいだろうか?


最初に、広告のターゲットが一定であると仮定したときのコストと広告にさらされている人の数は、線形の関係にあると見ることができる。つまり、より多くの人々に広告を見せるためには、それに比例して広告費用を費やすべきである。


第二に、確保したユーザーの価値を調べる必要がある。経済学で限界生産体感の法則というものがある。いずれかの単位を「入力」したときに「出力」が増加するほど、入力が増えるほど、ますます減るという概念である。


つまり、利潤がゼロになるまでの広告費用を支出して新規顧客と売上を最大に引き上げることがpaid marketingを正しくする秘訣である。


損益を計算するためにあり、お客様の合計値を考慮したのか?もし合計値が投資したお金よりも高いが、すぐにその価値がある回収されなかったため、短期の損失が出た場合には、その投資は大丈夫と言うことができる。最終的には長期的な利益を出すことができるからである。

デジタルマーケティング分析とは?

アクセス行動分析の必要性

月曜日, 5月 15th, 2017

マーケティング担当者やプランナー、MDなど、人を消費者として理解する職業にデータベースのマーケティングの流れは非常に嬉しいことでしょう。変化する市場にふさわしい新たな戦略が必要となったからです。まだ人口住宅総調査などの統計資料、リサーチファームの市場調査資料などを参考が、最も綿密に調べることは、その消費者の行動データです。


実行可能な戦略を作成するには、統計と市場調査資料が提示するトレンドとその消費者行動の間の相関関係を分析する必要があります。 「1人世帯の時代を迎え、一人行動が流行する」という外部資料があっても、その消費者の好みや行動に関するデータがない場合は、何を作ってどのように売らなければならか判断が難しいからです。


したがって、少なくとも、そのホームページやソーシャルチャンネル、ショッピングモール、モバイルアプリなどのオウンドメディア(Owned Media)に適切な測定ツールを適用して、消費者の行動特性をデータとして残す必要がある。どのような製品をどのよう購入するか、新規顧客であれば、なぜ私たちのブランドを選択したのか、既存の顧客であれば訪問回数、購買、購入頻度の注目すべき変化があるのか​​などを測定する必要があります。


これらのユーザーの流れの分析をアクティビティストリームと呼びます。 Activity Streamの主な機能は、ユーザーがどこから流入されたか滞在時間をどのくらいか?どのページが最も多く読まれているのか?などを含む訪問者のナビゲーション順序を表示してくれることです。


このように、ユーザーの活動レベルの理解に基づいて、サイトの動線、主要な要素の改善作業時参考できます。


アクティビティストリームウィキペディア:https://en.wikipedia.org/wiki/Activity_stream


アクティビティストリームを提供ツールリスニングマインド:www.listeningmind.com


マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

“オウンドメディアマーケティングのプロセス “

月曜日, 5月 8th, 2017

自社のチャンネルをマーケティングに活用するためには、次のような過程を履みます。このような過程を繰り返し実行する場合、検索結果で順位が上るほか、オウンドメディア(Owned Media)とアーンドメディア(Earned Media)の役割分担を整理して、デジタルマーケティングの枠組みを決めることができます。



1)キーワードリサーチ
2)競争状況の分析
3)コンテンツリサーチ
4)コンテンツ制作
5)コンテンツ最適化(SEO内部対策)
6)サイトの最適化
7)ソーシャルメディア対策
8)SEO外部対策
9)モニタリングと評価を通じたフィードバック

それでは、1ステップずつ調べてみましょう!^^

1)キーワードリサーチ:キーワードリサーチ段階では、マーケティングする製品やサービスに関連するキーワードを抽出して、戦略的なキーワードを選別する段階です。Googleアナリティクス、ウェブマスターツール、AdWordsのなどを活用して、効率的にキーワードをリサーチすることができます。

2)キーワード分類:この段階で最も重要なことは、どのような基準での戦略のキーワードを選定するかです。月間検索ボリューム、購入段階別、商品名/会社名、顧客の属性などに応じて分類するのが一般的です。戦略のキーワードは、固定されたものではないため、定期的/非定期的に状況の変化を反映してリードを維持することが重要です。

3)コンテンツリサーチ:コンテンツリサーチの核心は、各戦略のキーワードに対応するコンテンツ保有状況を把握します。このとき、メディアの特性に応じてオウンド/アーンド/ペイドに分類して整理することをお勧めします。

4)コンテンツ制作:コンテンツを製作及び発掘する段階です。単純に検索エンジンの上位に上がっていくための視点ではなく、コンテンツを消費する顧客の立場で作成することが最も重要です。

5)コンテンツの最適化(SEO内部対策):上記の段階で作成したコンテンツをすぐに公開しておらず、コンテンツが戦略のキーワードについてSEO的に最適化されているかどうかを確認するための手順です。注意することは、キーワードを頻繁に繰り返して使う代わりに、特定のテーマを話すときに戦略のキーワードとよく言及される可能性の高いキーワードを豊富に使用して文を書くことです。

6)サイトの最適化:コンテンツが掲載されたWebページにSEO内部対策だけではなく、そのドメインの最適化を作業する段階です。この段階では、一度にすべて置き換える必要はなく、継続的に作業を進めることが重要です。

7)SEO外部対策:外部対策は良いコンテンツを作って多くの人々を推薦し、引用することです。

8)モニタリングと評価を通じたフィードバック:最後のステップで必要なのは、モニタリングで収集した結果をもって評価をし、改善する方法を探して、これを再びプロセスに反映する好循環を作ることです。そしてオウンドメディアツールを適切に活用すれば、より効果的でしょう?

オウンドメディアマーケティングツール「ListeningMind」