“オウンドメディアマーケティングのプロセス “

自社のチャンネルをマーケティングに活用するためには、次のような過程を履みます。このような過程を繰り返し実行する場合、検索結果で順位が上るほか、オウンドメディア(Owned Media)とアーンドメディア(Earned Media)の役割分担を整理して、デジタルマーケティングの枠組みを決めることができます。



1)キーワードリサーチ
2)競争状況の分析
3)コンテンツリサーチ
4)コンテンツ制作
5)コンテンツ最適化(SEO内部対策)
6)サイトの最適化
7)ソーシャルメディア対策
8)SEO外部対策
9)モニタリングと評価を通じたフィードバック

それでは、1ステップずつ調べてみましょう!^^

1)キーワードリサーチ:キーワードリサーチ段階では、マーケティングする製品やサービスに関連するキーワードを抽出して、戦略的なキーワードを選別する段階です。Googleアナリティクス、ウェブマスターツール、AdWordsのなどを活用して、効率的にキーワードをリサーチすることができます。

2)キーワード分類:この段階で最も重要なことは、どのような基準での戦略のキーワードを選定するかです。月間検索ボリューム、購入段階別、商品名/会社名、顧客の属性などに応じて分類するのが一般的です。戦略のキーワードは、固定されたものではないため、定期的/非定期的に状況の変化を反映してリードを維持することが重要です。

3)コンテンツリサーチ:コンテンツリサーチの核心は、各戦略のキーワードに対応するコンテンツ保有状況を把握します。このとき、メディアの特性に応じてオウンド/アーンド/ペイドに分類して整理することをお勧めします。

4)コンテンツ制作:コンテンツを製作及び発掘する段階です。単純に検索エンジンの上位に上がっていくための視点ではなく、コンテンツを消費する顧客の立場で作成することが最も重要です。

5)コンテンツの最適化(SEO内部対策):上記の段階で作成したコンテンツをすぐに公開しておらず、コンテンツが戦略のキーワードについてSEO的に最適化されているかどうかを確認するための手順です。注意することは、キーワードを頻繁に繰り返して使う代わりに、特定のテーマを話すときに戦略のキーワードとよく言及される可能性の高いキーワードを豊富に使用して文を書くことです。

6)サイトの最適化:コンテンツが掲載されたWebページにSEO内部対策だけではなく、そのドメインの最適化を作業する段階です。この段階では、一度にすべて置き換える必要はなく、継続的に作業を進めることが重要です。

7)SEO外部対策:外部対策は良いコンテンツを作って多くの人々を推薦し、引用することです。

8)モニタリングと評価を通じたフィードバック:最後のステップで必要なのは、モニタリングで収集した結果をもって評価をし、改善する方法を探して、これを再びプロセスに反映する好循環を作ることです。そしてオウンドメディアツールを適切に活用すれば、より効果的でしょう?

オウンドメディアマーケティングツール「ListeningMind」

Leave a Reply