アクセス行動分析の必要性

マーケティング担当者やプランナー、MDなど、人を消費者として理解する職業にデータベースのマーケティングの流れは非常に嬉しいことでしょう。変化する市場にふさわしい新たな戦略が必要となったからです。まだ人口住宅総調査などの統計資料、リサーチファームの市場調査資料などを参考が、最も綿密に調べることは、その消費者の行動データです。


実行可能な戦略を作成するには、統計と市場調査資料が提示するトレンドとその消費者行動の間の相関関係を分析する必要があります。 「1人世帯の時代を迎え、一人行動が流行する」という外部資料があっても、その消費者の好みや行動に関するデータがない場合は、何を作ってどのように売らなければならか判断が難しいからです。


したがって、少なくとも、そのホームページやソーシャルチャンネル、ショッピングモール、モバイルアプリなどのオウンドメディア(Owned Media)に適切な測定ツールを適用して、消費者の行動特性をデータとして残す必要がある。どのような製品をどのよう購入するか、新規顧客であれば、なぜ私たちのブランドを選択したのか、既存の顧客であれば訪問回数、購買、購入頻度の注目すべき変化があるのか​​などを測定する必要があります。


これらのユーザーの流れの分析をアクティビティストリームと呼びます。 Activity Streamの主な機能は、ユーザーがどこから流入されたか滞在時間をどのくらいか?どのページが最も多く読まれているのか?などを含む訪問者のナビゲーション順序を表示してくれることです。


このように、ユーザーの活動レベルの理解に基づいて、サイトの動線、主要な要素の改善作業時参考できます。


アクティビティストリームウィキペディア:https://en.wikipedia.org/wiki/Activity_stream


アクティビティストリームを提供ツールリスニングマインド:www.listeningmind.com


マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

Leave a Reply