Paid Marketing原則

“mrt02”


Paid marketingは上手に使えば、約、釘使えば毒である。瞬く間にユーザーを集め集めることができますが、同時に膨大な広告費用が支出される可能性があるからである。次に、paid marketingをどのようにアクセスすべきか?次の質問に答えをどのようにしなければなら正しいだろうか?


最初に、広告のターゲットが一定であると仮定したときのコストと広告にさらされている人の数は、線形の関係にあると見ることができる。つまり、より多くの人々に広告を見せるためには、それに比例して広告費用を費やすべきである。


第二に、確保したユーザーの価値を調べる必要がある。経済学で限界生産体感の法則というものがある。いずれかの単位を「入力」したときに「出力」が増加するほど、入力が増えるほど、ますます減るという概念である。


つまり、利潤がゼロになるまでの広告費用を支出して新規顧客と売上を最大に引き上げることがpaid marketingを正しくする秘訣である。


損益を計算するためにあり、お客様の合計値を考慮したのか?もし合計値が投資したお金よりも高いが、すぐにその価値がある回収されなかったため、短期の損失が出た場合には、その投資は大丈夫と言うことができる。最終的には長期的な利益を出すことができるからである。

デジタルマーケティング分析とは?

Leave a Reply