オムニチャネルマーケティング

“mrt”


様々な購入チャネルを活用して、いつでもどこでも、自分が希望する製品を合理的な方法で購入したい顧客の必要性(Needs)と欲求(Wants)が増えている。これらの顧客の購買行動の変化に応じて、既存の企業の流通チャネル戦略が「オムニチャネル(Omni Channel)」戦略に変わっている。


企業のデジタルチャンネルも製品プロモーションの中心では、顧客が生活に必要な様々な情報を提供するオンドゥメディアに乗る改行されている。


カタログや店頭、インターネットを有機的に接続して、製品の体験と顧客の購入を誘導している。顧客がカタログを見た後店を訪問すると、従業員は相談と体験を提供し、店をカタログで見た構成と同様にテーマスペース星ショールームを構成して商品を直接体験することができた。


オムニチャネルマーケティング戦略を展開することには、オンライン・オフラインの様々なチャネルを介し、非定型化されたパターンで起こる、顧客の購買プロセスに合わせて「顧客か – >商品ナビゲーション/比較 – >顧客体験 – >購入/決済 – >配送 – >事後管理」などが統合され、接続されるべきである。


オンオフラインで様々な商品情報や体験を得ることができる機会を提供しなければならない。オンラインストアの場合店を訪問していなくても商品を事前に体験することができるインタラクティブ(Interactive)した顧客の経験技術をベースに見て、触れて、感じることができるの経験を伝えなければならない。オフライン売り場また、顧客の没入体験を強化することができる技術を活用して店のナビゲーション、購入利便性、製品体験などの購入経験を強化させてこそである。


オンオフライン購入情報連動、様々な決済を支援購入と支払いが簡単に行われるようにしなければならない。購入時に購入情報と履歴を共有してきた、オフラインで同じ価格と利益で注文できるシステムを備えてなければならない。


ダーウィンは「最終的には生き残った種は、強靭な種ではなく、知的能力に優れた種ではない。終局に生き残るのは変化に最も適応する種である。」との変化と適応を強調した。企業の立場からオムニチャネルをどのように活用するかによって変化と適応という観点から、企業の戦略的な変曲点を見つけていくことができる機会になるだろう。

デジタルチャネルの分析

Leave a Reply