SEO対策でまずやるべきこととは

“analytics”

オウンドメディアでコンテンツを作る事も大事ですが、SEO対策まで手を伸ばしておくと、確実に広告効果が期待できるでしょう。グーグルにおいてSEO対策とは、ユーザーと向き合う事です。誰のためのコンテンツなのかしっかり考え、単にグーグルのためのコンテンツになっているなら上位に表示されません。大事なのはユーザーのためのコンテンツにしていく事です。

上位に上ってくるページを分析する 上位に表示されているページという事は、それだけコンテンツのクオリティが高いという事を示唆しています。 そのため、SEO対策としてまずはそのコンテンツ分析を行います。そのコンテンツを超えられるようなコンテンツを作っていけるよう、分析していくのです。

分析する上でのポイントは次の3つです。 ・そのページにはないけれど自社で作れそうなコンテンツはないか? ・そのページが持っていないコンテンツの中で自社にないものはないか? ・そのページが持っていて、自社にはないコンテンツはないか?

ユーザーのニーズ重視のコンテンツを作る

検索結果が上位に表示されるという事は、顧客にとって有益な情報が掲載されている可能性が高いです。その上でそのページ以上にユーザーの事を考えたコンテンツを作っていかなければなりません。利用者に評価されるコンテンツをグーグルも高く評価するので、これができれば上位に表示される見込みも高くなるでしょう。

listeningmind.com/

Leave a Reply