実際のマーケティングツールにはどんなものがあるのか

“minna”

マーケティング業務というとエクセルをひたすら使ってにらめっこ状態というイメージが強いかもしれませんが、実際はエクセルとだけ格闘していても何も進みません。マーケティングツールを使うとさらにマーケティング業務は拡大していくでしょう。そこで今回は、実際に使えるマーケティングツールについてご紹介していきます。鉄板と呼ばれる定番のマーケティングツールもありますが、知っておくと便利なのでぜひご参考にしてみてください。

AIアナリスト AIアナリストはwebコンサルティング会社であるwaculが開発したサービスで、調査や分析のノウハウを徹底的にアルゴリズム化して自動分析してくれます。具体的に改善すべきページも教えてくれますし、その理由を数字で示してくれるので非常に的確です。

Repro ビッグデータ解析を使ったアプリマーケティングツールです。定量分析はもちろん、定住分析もしていけます。利用者が使っていたアプリケーションの捜査動画を録画しておき、Repro側に送り届けていきます。定量的にマジックナンバー分析やファネル分析など行った上で、どうしてそのような結果になったのかというのを具体的操作や動画を使って確認できます。iOSのSDKとして提供されているので比較的簡単にできるでしょう。

KAIZEN Platform webサイトのA/Bテストソリューションです。改善したいと思っているサイトをKAIZENPlatformにリンクさせ、世界中のグロースハッカー達から改善案がもらえます。クラウドソーシング型機能で、発注者側の機能もあります。明確なKPI(重要業績指標)を置いて分析していけるでしょう。

本記事はマーケティングツールを参照しました。

Leave a Reply