Archive for 7月, 2017

「マーケティングオートメーション」というマーケティングツールについて

土曜日, 7月 29th, 2017

マーケティングツールの中では最近「マーケティングオートメーションツール」に注目する人たちが増えてきています。マーケティングオートメーションというのは「リード管理」と呼ばれる見込客管理の部分を自動化し、マーケティング活動のサポートをしていくものです。
○マーケティングオートメーションツールのメリットとは
マーケティングオートメーションをマーケティングツールとして使うと、次のようなメリットが得られるでしょう。
・業務の負担軽減
・売上増大
・キャンペーン効果アップ
・営業、マーケティングの連携強化
○マーケティングオートメーションツールを選ぶ時のポイント
・営業部門も使えるツールなのか
・管理できるリード数なのか
・SFA (=セールス・フォース・オートメーションの略であり、様々な商品を売る営業部隊に対して徹底的な営業支援をする事で効率化を目指していく)やCRM (売上・利益に貢献してくれる顧客を増やし、事業を成功に導く顧客志向のマネジメント)と連携できるかどうか
○マーケティングツールを使っていても効果はすぐ出ない?
ただしマーケティングオートメーションツールを使ったからといって、すぐに効果が出るわけではありません。あくまで長期線で考えていくといいでしょう。マーケティング自体を自動化するわけではなく、シナリオの設定によって、以前は実現できなかったマーケティングを自動化できるマーケティングツールなので、そのシナリオ自体を考えるのはユーザー自身となります。
この点に関して、目的や戦略を明確にした上で、特に販売戦略やマーケティングに関わる方は一度検討してみてください。マーケティングオートメーション

SEO対策で重要な事2点

土曜日, 7月 22nd, 2017

○ターゲットの絞り込み
SEO対策においては、ペルソナを明確にしていく事が大切です。「ペルソナ」というのは、サイトに訪問してほしいユーザーのイメージです。このイメージを、まずは2~3人紙に書き出しましょう。ペルソナを明確にする事によって、これから取りかかるキーワード検索や今後のコンテンツにも統一性が出てきます。反対に言えば、このイメージが曖昧だと、ターゲットキーワードもコンテンツもなかなかかみ合いません。この機会に、サイトに訪問してほしいペルソナを絞っていきましょう。
○ビッグキーワードよりロングテールキーワード
SEO対策と言えば、外部対策と内部対策に分類されているのが一般的です。ある特定のビッグキーワードで上位表示する事が軸ですが、キーワードをピンポイントで上位表示させるのは難しいため、今はあまり向きません。今後のSEO対策としては、検索ボリュームは少なくてもよりピンポイントのキーワードである「ロングテールキーワード」が鍵を握ります。特定のキーワードにばかり着目せずに、検索回数は少なくてもちゃんと結果につながるようなキーワードを、無数に確保しておくのです。そのためにも、SEO対策としては次の構成要素が必要です。
・コンテンツ
・内部施策
・プランニング
・アクセス解析検索エンジン最適化したらSEOチェックを行いましょう

オウンドメディアの目的とメリット

土曜日, 7月 15th, 2017

オウンドメディアが注目されていますが、それにはメリットや目的もあります。
○ブランディング力が高い
大事なポイントの中には「ブランド建築」があります。オウンドメディアに専門性の高い記事を蓄積する事により、読者が繰り返しアクセスして記事を読むようになるのです。
記事による「役立つ情報の提供」によって、会社が専門家として認識されるようになり、信用されてくるのです。米国でコンテンツマーケティングに取り組んだ工務店では、ブログを30ページ読んだ人は成約率が80%となります。ブログでブランディングができているので、売り込みがいらいないからでしょう。
○オウンドメディアは広告宣伝費をカットできる
あなたの事業がもしも広告を柱として回っているのであれば、確実にリスティング費用はかさみます。ショッピングモールでなどでの広告費がかさんでしまうと、広告依存は厳しくなってきます。オウンドメディアに取り組む事により、この広告費依存体質から脱け出すことが大切です。
オウンドメディアにコンテンツをためてしまっていると、検索での流入も自然と増えていきます。広告をいったん止めてしまうと売上も落ちてしまいますが、オウンドメディアにはストック効果もあるので、広告と更新を止めてもアクセスはキープされてきます。過去の記事でも検索やソーシャルネットワーク経由で、ちゃんと読まれるからです。
オウンドメディアは、まさに顧客を生み出すコンテンツ資産を貯めている事と同じです。オウンドメディアの目的って?

アーンドメディアの活用方法

土曜日, 7月 8th, 2017

みなさまこんにちは。今回はアーンドメディアをどう活用していくかについて話していきます。
まずはアーンドメディアはどんなものがあるのか簡単にまとめていきます。
1アーンドメディア種類
facebook、twitter、インスタグラム。大きく分けるとこの3点がわかりやすく有名です。
特徴としてはfacebookはアーンドメディアとしては一番大きなユーザー層を抱えています。
そして、老若男女と幅広いです。Twitterは文章形式のSNSで比較的若者が使います。
インスタグラムは、最近のトレンドといってもいいです。画像投稿を中心とした配信スタイルで、最近ではアパレル業者が広告に使います。
2.ターゲット
上記で挙げた通り、各々のSNSではユーザー特徴が異なっています。BtoC、BtoBなど自分らのビジネスモデルに合わせてSNSを選定しましょう。例えば視覚的な効果を望むならインスタグラムがいいでしょう。
3メッセージ
さて、使うSNSを選びそのターゲットを明確にしたらメッセージをどうするか考ます。
Facebookとか上記のアーンドメディアは基本的に仕事中ではなく余暇の中で触れることが多いですよね(もちろんビジネスとして使う人もいる)。そこで、単なる商品紹介は求めていないと思います。面白い情報や直感的にワクワクするものを求めています。なぜなら余暇なので普通そんなに考えて見ていないので。
以上の3点が重要な要素となります。ソーシャルメディアマーケティング

検索エンジン最適化の拡張

日曜日, 7月 2nd, 2017

みなさまこんにちは。
検索エンジン最適化の難しいところについてお話ししていきます。一番大きいところが、作ったコンテンツがどの検索クエリで表示されるかわからないというところです。基本的に検索エンジン最適化するときはターゲットキーワードを決めてそれに表示されるように作りますね?ただそれがいくつもの検索クエリで表示される可能性があるんですね。どうせなら色々なクエリから流入があったほうがいいですからね。
ウェブサイト作りにはSEOは必須の項目です。
結局は、文章とは単語の積み重ねですからSEOとはどんな単語を文章中にどんな割合で表示させるかが重要です。もちろんそれに合わせて、面白い文章を作ることは必須ですよね。
ですからまとめますとは、SEOとは単語選びとそれを構成する文章作成ですね。
そうすることでターゲーットクエリに適したコンテンツを作れてユーザーの流入を期待することができるのです。非常に難しいところは魅力的な文章作りです。googleのアルゴリズムと人の評価は全く違うので、そこを突き詰めるのは非常に難しいと言えます。
SEO対策参考資料