Archive for 9月, 2017

マーケティング分析に役立つ3C分析とバリューチェーン分析について

日曜日, 9月 17th, 2017

マーケティング分析においては、3C分析とバリューチェーン分析があります。

3C分析とは、自分の商品やサービスを展開する環境を分析するために役立つものです。
次の3つのCの頭文字をとって「3C」と呼んでいます。
・競合
・自社
・顧客
例えばコンビニであれば、近所にライバルが存在するケースも多いので、他のお店を差し引いて常に自分のお店に通ってくれるようなお客さんや、競合店舗の分析を行っていき、戦略を立てていく必要があります。
○バリューチェーン分析
バリューチェーン分析とは、自社の商品やサービスに価値が生まれるまでをプロセスごとに分析していく方法です。まずは価値を生み出すことに対して直接貢献している要素を分けてみましょう。
・製造
・購買物流
・出荷物流
・販売
・調達活動
・マーケティング
・全般管理
・サービス
・技術開発
・人事・労務管理
バリューチェーン分析を行う事によって、マーケティング活動において費用削減が可能な部分を見つけ出すことや、高い価値を生み出している部分が見つけやすくなります。

4P分析とは?

日曜日, 9月 10th, 2017

みなさん、こんにちは。今回はマーケティング分析手法である「4P分析」について話していきたいと思います。
4P分析とはターゲットとなる市場を4つの観点から分析する手法で、企業にとっての問題や強みを導き出し、具体的な施策を生み出していきます。この4Pとは次の言葉の頭文字であるPから取ったものです。
まず1つ目は「Product(製品)」です。「お客様はどんな商品やサービスを求めているのか?」「競合他社はどんなモノを販売しているのか?」などを分析していきます。
次に2つ目が「Price(価格)」です。「お客様が感じる商品価値に対し、経費を含めその価格は適正なのか?」などを分析し価格の妥当性を検討します。
次に3つ目が「Place(流通)」です。「お客様はどんな販売ルートから自社商品を発見したのか?」などを分析しお客様に商品を円滑にお届けするための流通ルートを調査します。
最後の4つ目が「Promotion(プロモーション)」です。どんな媒体を使用するのかといった広告施策を考えるための分析をしていきます。
これら4つの観点から分析するのが4P分析なのです。トリプルメディアも分析しましょう。

マーケティングツールでさらに効果的なマーケティングができる

土曜日, 9月 2nd, 2017

マーケティングツールと言えば、今やwebマーケティングにおいて欠かせないものになっています。
最近需要の高いマーケティングの中には、動画を使った「動画マーケティング」もありますが、これもマーケティングの一種です。言葉を羅列するよりも、動画の方がわかりやすく、多くのユーザーが利用してくれると考えられます。そしてアクセスするユーザーをマーケティングツールによって分析、解析する事ができ、さらに効果的なマーケティング戦略につなげる事ができるのです。
○言葉よりも動画を使ったマーケティングが強い
今の時代、たくさん言葉を並べて記事を書くよりも、短い動画などのマーケティングツールを使った方が、より効果が高いと考えられます。
さらに、静止した画像よりも動画の方が効果的です。
その方がユーザーの視覚に訴える事ができるからです。ブランドや企業の知名度を一気に高める事ができ、申し込みにつなげられるなど顧客獲得に結びついてきます。
○動画であればアクセス数も増えていく
動画を導入すれば、アクセスしてくれるユーザーも増えていき、コンバージョン率を上げる事も期待できます。携帯からアクセスするユーザーも増えていくので、アクセス数はさらに高まるでしょう。携帯の端末であれば、いつでもどこでもすぐにその動画に接続できるので、ちょっとした合間にアクセスする人も多いです。
さらにそこからFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに拡散されやすいといった特徴もあります。動画などSNS系はソーシャルメディアマーケティングですね