マーケティング分析に役立つ3C分析とバリューチェーン分析について

マーケティング分析においては、3C分析とバリューチェーン分析があります。

3C分析とは、自分の商品やサービスを展開する環境を分析するために役立つものです。
次の3つのCの頭文字をとって「3C」と呼んでいます。
・競合
・自社
・顧客
例えばコンビニであれば、近所にライバルが存在するケースも多いので、他のお店を差し引いて常に自分のお店に通ってくれるようなお客さんや、競合店舗の分析を行っていき、戦略を立てていく必要があります。
○バリューチェーン分析
バリューチェーン分析とは、自社の商品やサービスに価値が生まれるまでをプロセスごとに分析していく方法です。まずは価値を生み出すことに対して直接貢献している要素を分けてみましょう。
・製造
・購買物流
・出荷物流
・販売
・調達活動
・マーケティング
・全般管理
・サービス
・技術開発
・人事・労務管理
バリューチェーン分析を行う事によって、マーケティング活動において費用削減が可能な部分を見つけ出すことや、高い価値を生み出している部分が見つけやすくなります。

Leave a Reply