オウンドメディアの目的とメリット

7月 15th, 2017

オウンドメディアが注目されていますが、それにはメリットや目的もあります。
○ブランディング力が高い
大事なポイントの中には「ブランド建築」があります。オウンドメディアに専門性の高い記事を蓄積する事により、読者が繰り返しアクセスして記事を読むようになるのです。
記事による「役立つ情報の提供」によって、会社が専門家として認識されるようになり、信用されてくるのです。米国でコンテンツマーケティングに取り組んだ工務店では、ブログを30ページ読んだ人は成約率が80%となります。ブログでブランディングができているので、売り込みがいらいないからでしょう。
○オウンドメディアは広告宣伝費をカットできる
あなたの事業がもしも広告を柱として回っているのであれば、確実にリスティング費用はかさみます。ショッピングモールでなどでの広告費がかさんでしまうと、広告依存は厳しくなってきます。オウンドメディアに取り組む事により、この広告費依存体質から脱け出すことが大切です。
オウンドメディアにコンテンツをためてしまっていると、検索での流入も自然と増えていきます。広告をいったん止めてしまうと売上も落ちてしまいますが、オウンドメディアにはストック効果もあるので、広告と更新を止めてもアクセスはキープされてきます。過去の記事でも検索やソーシャルネットワーク経由で、ちゃんと読まれるからです。
オウンドメディアは、まさに顧客を生み出すコンテンツ資産を貯めている事と同じです。オウンドメディアの目的って?

アーンドメディアの活用方法

7月 8th, 2017

みなさまこんにちは。今回はアーンドメディアをどう活用していくかについて話していきます。
まずはアーンドメディアはどんなものがあるのか簡単にまとめていきます。
1アーンドメディア種類
facebook、twitter、インスタグラム。大きく分けるとこの3点がわかりやすく有名です。
特徴としてはfacebookはアーンドメディアとしては一番大きなユーザー層を抱えています。
そして、老若男女と幅広いです。Twitterは文章形式のSNSで比較的若者が使います。
インスタグラムは、最近のトレンドといってもいいです。画像投稿を中心とした配信スタイルで、最近ではアパレル業者が広告に使います。
2.ターゲット
上記で挙げた通り、各々のSNSではユーザー特徴が異なっています。BtoC、BtoBなど自分らのビジネスモデルに合わせてSNSを選定しましょう。例えば視覚的な効果を望むならインスタグラムがいいでしょう。
3メッセージ
さて、使うSNSを選びそのターゲットを明確にしたらメッセージをどうするか考ます。
Facebookとか上記のアーンドメディアは基本的に仕事中ではなく余暇の中で触れることが多いですよね(もちろんビジネスとして使う人もいる)。そこで、単なる商品紹介は求めていないと思います。面白い情報や直感的にワクワクするものを求めています。なぜなら余暇なので普通そんなに考えて見ていないので。
以上の3点が重要な要素となります。ソーシャルメディアマーケティング

検索エンジン最適化の拡張

7月 2nd, 2017

みなさまこんにちは。
検索エンジン最適化の難しいところについてお話ししていきます。一番大きいところが、作ったコンテンツがどの検索クエリで表示されるかわからないというところです。基本的に検索エンジン最適化するときはターゲットキーワードを決めてそれに表示されるように作りますね?ただそれがいくつもの検索クエリで表示される可能性があるんですね。どうせなら色々なクエリから流入があったほうがいいですからね。
ウェブサイト作りにはSEOは必須の項目です。
結局は、文章とは単語の積み重ねですからSEOとはどんな単語を文章中にどんな割合で表示させるかが重要です。もちろんそれに合わせて、面白い文章を作ることは必須ですよね。
ですからまとめますとは、SEOとは単語選びとそれを構成する文章作成ですね。
そうすることでターゲーットクエリに適したコンテンツを作れてユーザーの流入を期待することができるのです。非常に難しいところは魅力的な文章作りです。googleのアルゴリズムと人の評価は全く違うので、そこを突き詰めるのは非常に難しいと言えます。
SEO対策参考資料

オウンドメディアがこれでよく分かる!

6月 27th, 2017

“mrt”

皆さん、こんにちは。
最近「オウンドメディア」という言葉が広まってきていますよね。といっても、ブログとは何が違うかわからないという方もいるでしょう。そこで今回は、オウンドメディアの特徴についてまとめてみました。オウンドメディアについてもっとよく知りたい人は、ぜひご参考にしてみてください。

オウンドメディアはこういうものです
各メディアを結合・補完していき、企業評価を高めてくれるのが「オウンドメディア」です。オウンドメディアの特徴をまとめてみると、次のようになります。
・多様なメディアの中心にある自社メディア
・ユーザー目線にたった記事を備えること
・ペイドメディアを補完する媒体
・ユーザー視点に立ち、リピーターを増やす
・上位表示してアクセス数を集める
・広告効果をより一層高める


一見オウンドメディアはただのブログのようですが、立派なwebサイトです。しかしオウンドメディアは、いかにユーザーの立場に立った上で記事が作成されているかにあります。


オウンドメディアの定義とは
オウンドメディアは言ってみれば「自社所有の媒体」という事になります。


webサイトやブログだけに留まらず、冊子のようにリアルな媒体も含みます。そもそも最近オウンドメディアという言葉が目立つようになってきたのは、ペイドメディア(広告)、アーンドメディア(ソーシャル)との対比においてです。


広告だとスペースが制限されているという事もあり、十分に伝えたい事を伝えきれません。しかしオウンドメディアであれば、ツイッターやフェースブックなどのソーシャルメディアにおいて、企業とユーザーの接点が多角化されるのです!

オウンドメディアが注目される理由

実際のマーケティングツールにはどんなものがあるのか

6月 20th, 2017

“minna”

マーケティング業務というとエクセルをひたすら使ってにらめっこ状態というイメージが強いかもしれませんが、実際はエクセルとだけ格闘していても何も進みません。マーケティングツールを使うとさらにマーケティング業務は拡大していくでしょう。そこで今回は、実際に使えるマーケティングツールについてご紹介していきます。鉄板と呼ばれる定番のマーケティングツールもありますが、知っておくと便利なのでぜひご参考にしてみてください。

AIアナリスト AIアナリストはwebコンサルティング会社であるwaculが開発したサービスで、調査や分析のノウハウを徹底的にアルゴリズム化して自動分析してくれます。具体的に改善すべきページも教えてくれますし、その理由を数字で示してくれるので非常に的確です。

Repro ビッグデータ解析を使ったアプリマーケティングツールです。定量分析はもちろん、定住分析もしていけます。利用者が使っていたアプリケーションの捜査動画を録画しておき、Repro側に送り届けていきます。定量的にマジックナンバー分析やファネル分析など行った上で、どうしてそのような結果になったのかというのを具体的操作や動画を使って確認できます。iOSのSDKとして提供されているので比較的簡単にできるでしょう。

KAIZEN Platform webサイトのA/Bテストソリューションです。改善したいと思っているサイトをKAIZENPlatformにリンクさせ、世界中のグロースハッカー達から改善案がもらえます。クラウドソーシング型機能で、発注者側の機能もあります。明確なKPI(重要業績指標)を置いて分析していけるでしょう。

本記事はマーケティングツールを参照しました。

SEO対策でまずやるべきこととは

6月 13th, 2017

“analytics”

オウンドメディアでコンテンツを作る事も大事ですが、SEO対策まで手を伸ばしておくと、確実に広告効果が期待できるでしょう。グーグルにおいてSEO対策とは、ユーザーと向き合う事です。誰のためのコンテンツなのかしっかり考え、単にグーグルのためのコンテンツになっているなら上位に表示されません。大事なのはユーザーのためのコンテンツにしていく事です。

上位に上ってくるページを分析する 上位に表示されているページという事は、それだけコンテンツのクオリティが高いという事を示唆しています。 そのため、SEO対策としてまずはそのコンテンツ分析を行います。そのコンテンツを超えられるようなコンテンツを作っていけるよう、分析していくのです。

分析する上でのポイントは次の3つです。 ・そのページにはないけれど自社で作れそうなコンテンツはないか? ・そのページが持っていないコンテンツの中で自社にないものはないか? ・そのページが持っていて、自社にはないコンテンツはないか?

ユーザーのニーズ重視のコンテンツを作る

検索結果が上位に表示されるという事は、顧客にとって有益な情報が掲載されている可能性が高いです。その上でそのページ以上にユーザーの事を考えたコンテンツを作っていかなければなりません。利用者に評価されるコンテンツをグーグルも高く評価するので、これができれば上位に表示される見込みも高くなるでしょう。

listeningmind.com/

オウンドメディア構築に対する疑問

6月 7th, 2017

“analytics”
最近オウンドメディアが流行していますね。ちなみにオウンドメディアとは自社サイトやブログのことを指します。
さて、オウンドメディアが流行するにあたってオウンドメディア構築を請け負う業者が増えてきています。
 
検索エンジンでいろいろな企業のオウンドメディアを見ましたが、似ているものが多いような気がします。これは、ワードプレスなど利用されているフォーマットが近いか同じ可能性がありますね。ぼくは、オウンドメディアを作るならその企業独自のメニューがきっとあると思います。業者さんはオウンドメディア構築のノウハウはあるけど結局そのノウハウを使うのでどれも似てきてしまうのは当然でしょう。要するに自分のサイトは自分で考えて構築しましょう。その方が楽しいしです。手間はかかるけど、必要な経験だと思います。
私も、今後どういう風に自分のサイトの改善ができるか考えています。やっぱり見やすくてわかりやすいのがいい!ということでちゃんと構築して行きましょう。
オウンドメディア

メールマーケティングによる効果測定

6月 1st, 2017

“minna”
みなさんこんにちは。最近ではメールの自動かといったメールマーケティングツールなどが話題になりますね。
今回は、メールマーケティングツールではどんなことが行えるのかお話しします。
基本的に、メールマーケティングでできることは、メールの開封と自分のサイトへのリンクのクリックです。この2つで自分のサイトに興味があるのかどうかを把握できます。また、送ったメールの配信解除も確認できるので、追うべきリードをセグメント化できるのが非常にいいです。
 メールマーケティングツールでできるのは上記のようなことです。多機能ではないですが必要な項目は揃っている感じがしますね。
ちなみに、メールマーケティングツールは無料で使えるものが多いです。実際に一度試して見るのもいいかもしれません。
 ただメールマーケティングツールの弱点としては、メールの対象の設定やキャンペーンの設定が複雑でややこしいのでそこだけ注意しましょう。本記事はマーケティングツールを参照しました。

オムニチャネルマーケティング

5月 25th, 2017

“mrt”


様々な購入チャネルを活用して、いつでもどこでも、自分が希望する製品を合理的な方法で購入したい顧客の必要性(Needs)と欲求(Wants)が増えている。これらの顧客の購買行動の変化に応じて、既存の企業の流通チャネル戦略が「オムニチャネル(Omni Channel)」戦略に変わっている。


企業のデジタルチャンネルも製品プロモーションの中心では、顧客が生活に必要な様々な情報を提供するオンドゥメディアに乗る改行されている。


カタログや店頭、インターネットを有機的に接続して、製品の体験と顧客の購入を誘導している。顧客がカタログを見た後店を訪問すると、従業員は相談と体験を提供し、店をカタログで見た構成と同様にテーマスペース星ショールームを構成して商品を直接体験することができた。


オムニチャネルマーケティング戦略を展開することには、オンライン・オフラインの様々なチャネルを介し、非定型化されたパターンで起こる、顧客の購買プロセスに合わせて「顧客か – >商品ナビゲーション/比較 – >顧客体験 – >購入/決済 – >配送 – >事後管理」などが統合され、接続されるべきである。


オンオフラインで様々な商品情報や体験を得ることができる機会を提供しなければならない。オンラインストアの場合店を訪問していなくても商品を事前に体験することができるインタラクティブ(Interactive)した顧客の経験技術をベースに見て、触れて、感じることができるの経験を伝えなければならない。オフライン売り場また、顧客の没入体験を強化することができる技術を活用して店のナビゲーション、購入利便性、製品体験などの購入経験を強化させてこそである。


オンオフライン購入情報連動、様々な決済を支援購入と支払いが簡単に行われるようにしなければならない。購入時に購入情報と履歴を共有してきた、オフラインで同じ価格と利益で注文できるシステムを備えてなければならない。


ダーウィンは「最終的には生き残った種は、強靭な種ではなく、知的能力に優れた種ではない。終局に生き残るのは変化に最も適応する種である。」との変化と適応を強調した。企業の立場からオムニチャネルをどのように活用するかによって変化と適応という観点から、企業の戦略的な変曲点を見つけていくことができる機会になるだろう。

デジタルチャネルの分析

Paid Marketing原則

5月 18th, 2017

“mrt02”


Paid marketingは上手に使えば、約、釘使えば毒である。瞬く間にユーザーを集め集めることができますが、同時に膨大な広告費用が支出される可能性があるからである。次に、paid marketingをどのようにアクセスすべきか?次の質問に答えをどのようにしなければなら正しいだろうか?


最初に、広告のターゲットが一定であると仮定したときのコストと広告にさらされている人の数は、線形の関係にあると見ることができる。つまり、より多くの人々に広告を見せるためには、それに比例して広告費用を費やすべきである。


第二に、確保したユーザーの価値を調べる必要がある。経済学で限界生産体感の法則というものがある。いずれかの単位を「入力」したときに「出力」が増加するほど、入力が増えるほど、ますます減るという概念である。


つまり、利潤がゼロになるまでの広告費用を支出して新規顧客と売上を最大に引き上げることがpaid marketingを正しくする秘訣である。


損益を計算するためにあり、お客様の合計値を考慮したのか?もし合計値が投資したお金よりも高いが、すぐにその価値がある回収されなかったため、短期の損失が出た場合には、その投資は大丈夫と言うことができる。最終的には長期的な利益を出すことができるからである。

デジタルマーケティング分析とは?